DMM-FX証券とGMOクリック証券を比較してみた【人気FX口座】

こんにちは!FX大好きRoadです。
今回は、大手のDMM-FXとGMOクリック証券を比較してみましたよ。
やっぱり、この大手の2社の違いって気になりますよね。

では、みてみましょう♪

スプレッドで比べてみた

まずはスプレッドから比べてみましょう。
スプレッドは、売りと買いのレート差の値。レートは、買いの方が高く、売りのほうが低いのです。
で、なるべく安く買って高く売りたいですよね。(逆も同じ)

スプレッドが広いと、買った瞬間から多くのマイナスを含んでスタートしなければいけません。
なのでスプレッドは狭い方がいいというわけです。

では、DMM-FXとGMOクリック証券のスプレッドの比較をしてみましょう。

DMM-FX GMOクリック証券
ドル/円 0.3銭 0.3銭
ポンド/円 1.0銭 1.0銭
豪ドル/円 0.7銭 0.7銭

表を見る限り、申し合わせたよう同じですね(笑)

スプレッドで選ぶ分にはどちらにしても同じみたいです。
業界全体を見てもかなり狭い方なので、どちらもスプレッドが魅力と言えます。

なので、スキャルピングからスイングトレードまで対応できますね。

ただ完全固定スプレッドじゃないので、相場が荒れている時は開く可能性があるので注意してくださいね。
トレード中にビックリするくらい開いてお漏らししないように(笑)

スワップポイントで比べてみた

では、今度はスワップポイントで比べてみましょう。

スワップポイントはほぼ預けっぱなしで利益が出るのが魅力。
この2社はどうかというと…

DMM-FX GMOクリック証券
ドル/円 35円 47円
ポンド/円 35円 27円
豪ドル/円 36円 46円

これは、10000通貨単位の一日のスワップポイント。
で、日々変動するので目安として見ておくといいでしょう。

この表のスワップポイントだけではなんとも評価し難いですが、GMOクリック証券の方がスワップポイントに積極的だと思われます。
GMOクリック証券は申し込みページにちゃんと項目があります。

しかしDMM-FX証券は、スワップポイントの項目がないんですよね。
もちろん、できるんでしょうが、消極的なのかなと思っちゃいます。

GMOクリック証券はトルコリラやニュージーランドドル、南アフリカランドドルといった人気の高金利通貨ペアもあります。スワップポイントだけの出勤もできるみたいですね。

最低取引通貨単位で比べてみた

DMM-FX GMOクリック証券
10000通貨単位 10000通貨単位

実績で比べてみた

【DMM-FX】口座数第一位/60万口座突破(外為ジャパンと合わせて)
【GMOクリック証券】FX取引高世界第一位(5年連続)

取引ツールで比べてみた

【DMM-FX】PC(Win/Mac)/スマートフォン(Android/iPhone)/ガラケー

キャンペーンで比べてみた

【DMM-FX】新規口座開設+500Lot新規取り引きで20000円キャッシュバック

口コミで比べてみた

FX初心者さんのためにDMM-FXの本当の口コミを集めてみた

FX初心者さんのためにGMOクリック証券「FXネオ」の本当の口コミを集めてみた

まとめ!